祇王寺(ぎおうじ)

住所:

京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32

電話番号:

075-861-3574 

拝観時間/営業時間:

9:00-16:30

拝観料・料金:

300円

祇王寺への行き方:

バスでアクセス:


電車でアクセス:

なし

祇王寺の見所・歴史

法然の弟子、念仏房良鎮の創立。中世以降荒廃していたが平家物語の遺跡として明治に復興された。現在は真言宗大覚寺派の尼寺。白拍子の祇王が平清盛からの愛を失い、「嵯峨野奥なる山里に、柴の庵を引き結び念仏してこそゐたりけり」と、妹と母親とともにここに庵を結んだ。 境内は一面の苔と、周りを覆う楓や竹で静かな雰囲気に包まれており、非常に美しい。入道相国いかにも叶ふまじき由しきりにのたまふ間、はき拭ひ、ちりひろはせ、出づべきにこそ定めけれ。一樹の陰にやどりあひ、同じ流れを結ぶだに別れはかなしきならひぞかし。いはんやこれ三年があひだ住み馴れしところなれば、 なごりもをしくかなしくて、かひなき涙ぞすすみける。はてしもあるべきことならねば、祇王いまはかうとて出でけるが、なからん跡もわすれがたみにもとや思ひけん、障子になくなく一首の歌をぞ書きつけける。 もえ出づるもかるるも同じ野辺の草いづれか秋にあはではつべき 祇王 (平家物語)

祇王寺から約1000m以内のお店↓(hotpepper)
ストリートビュー