比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)

比叡山延暦寺のおすすめポイント

比叡山は京都の北東に位置し、古くから神山として崇められていました。 本格的な開山は平安京遷都直前の780年後半に薬師如来を本尊とする一乗止観院を創建したことから始ま李ます。以後、国を鎮め護る寺として、多くの才能を集めることになります。特に鎌倉時代には 法然上人、親鸞聖人、一遍上人、栄西禅師、道元禅師、日蓮聖人など様々な宗派の開祖がここに学びました。 仏教の本来的な部分だけでなく、山王信仰や密教の呪術的部分も魅力です。
根本中堂

住所:

滋賀県大津市坂本本町4220

電話番号:

077-578-0001

拝観時間/営業時間:

8:30〜16:30 冬季は短縮

拝観料・料金:

共通券550円、国宝殿拝観料450円
公式HP

比叡山延暦寺への行き方:

バスでアクセス:

京都バス51系統、京阪バス7系統で「延暦寺バスセンタ-」下車。比叡山シャトルバスが、山内の(延暦寺の)東塔、西塔、横川などの間を走っている。

電車でアクセス:

叡山電車 八瀬比叡山口から叡山ロープウエイ
親鸞上人もここで学んだ

比叡山延暦寺の見所・歴史

京都と滋賀の県境、比叡山四明岳に開かれた大寺で、天台宗本山。785(延暦4)年頃、最澄(伝教大師)が草庵を建てたのがはじまり。 広大な山内は、東塔、西塔、横川にわかれて諸堂が建ち並ぶ。法然や親鸞、栄西、道元、日蓮など、いずれさまざまな宗派の開祖となる僧が若いころにここで学んだ。 <東塔>延暦寺の中心部。ここにある延暦寺の本堂である根本中堂は、もとは最澄が延暦寺の始まりとして建てた一条止観院で、薬師如来を安置している。 <西塔>釈迦堂は大津の三井寺から移築されたもの。 <横川>静かな杉森に閑散と堂塔が建つ。朱塗り、舞台造りの横川中堂、宝形造りの恵心堂、四季講堂など。

周辺地図:


比叡山延暦寺周辺の観光情報・寄り道・お土産など:


比叡山延暦寺周辺のホテル↓(じゃらん 評価順)高級宿泊施設の予約ならrelux
ストリートビュー