高台寺(こうだいじ)

住所:

京都府京都市東山区下河原町526

電話番号:

075-561-9966

拝観時間/営業時間:


拝観料・料金:

500円

高台寺への行き方:

バスでアクセス:

市バス 206,207,特207番 「東山安井」下車歩5分

電車でアクセス:

なし

高台寺の見所・歴史

1606(慶長11)年、豊臣秀吉の正室であった北政所により、秀吉の菩提を弔うために建立された。 はじめは曹洞宗であったが、現在は臨済宗建仁寺派。高台聖寿)禅寺というのが正式名称。 萩で有名な庭園(小堀遠州の作庭)、開山堂(狩野派による壁画、天井画)、御霊屋(おたまや、北政所の墓所で、国重文) 高台寺蒔絵(国重文)、傘亭、時雨亭(千利休が設計したといわれている茶屋(国重文)など。 傘亭・時雨亭は茶室よりも古い歴史がある茶屋という。大阪城陥落の際には、ここから大阪城が焼け落ちるのが見えたというが、今は木々にさえぎられて (しかも時雨亭には登れないので)景色はあまり見えない。 春は梅、秋は萩が美しい。特別拝観シーズンにはライトアップもある。傘亭はその名の通り丸竹を放射状に配置した意匠が珍しい。

ストリートビュー