妙心寺(みょうしんじ)

住所:

京都府京都市右京区花園妙心寺町

電話番号:

075-463-3121

拝観時間/営業時間:

9:10〜15:40

拝観料・料金:

境内自由 法堂・天井の雲龍図、国宝の梵鐘、浴室(明智風呂)の拝観には500円 その他塔頭はそれぞれ拝観料がかかります。
公式HP

妙心寺への行き方:

バスでアクセス:

京都バス61,62,63,65番「妙心寺前下車」すぐ

電車でアクセス:

JR嵯峨野線(山陰本線)「花園駅」下車 京福電鉄北野線「妙心寺駅」下車
退蔵院

妙心寺の見所・歴史

臨済宗妙心寺派大本山。本尊は釈迦如来。 花園法皇が萩原殿(はぎわらどの)と称された離宮を寺に改めた。 建造物の主なものは桃山建築です。方丈の襖絵は狩野探幽(かのうたんゆう)・益信(ますのぶ)によるもの。 江戸時代は80以上の塔頭があったが、現在は41でほとんどは非公開です。拝観できる塔頭は以下を見てください。 <東林院(沙羅双樹の寺)>TEL 075-463-1334。 普段は非公開、年に数回特別拝観が行われる。写真は6月12~30日沙羅の花を愛でる会。 拝観料金は抹茶とお茶付きで1500円。無常を感じさせないくらいたくさんの人でにぎわいます。 宿坊になっており、住職がつくる禅風の精進料理(3日前までに要予約が食べられる。 客室は書院造り、全て庭に面している。 <天球院>TEL 075-462-9041 特別拝観時のみ拝観可 江戸時代の狩野山楽、山雪父子の襖絵(竹に虎、梅に鳥)がある。 <隣華院>TEL 075-462-9042 特別拝観時のみ拝観可 「水墨山水図(長谷川等伯作)」(国重文)、狩野永岳の襖絵がある。 <退蔵院>TEL075-463-2855 拝観時間は午前9時から午後5時まで。拝観料400円。 山門の西側にあり、狩野元信による枯山水式庭園が有名。開祖は妙心寺3世無因宗因。市内の波多野義重邸内に創建されたものが、後に妙心寺境内に移された。国宝の如拙筆『瓢鮎図』、がある。方丈の枯山水庭園(国名勝・史跡)は狩野元信作と言われている。 瓢鮎図の複製(というか写真)は展示されているが実物を直接見ることはできない。 <桂春院>TEL 075-463-6578 拝観時間は午前9時から午後5時まで(冬季は4時半まで。)。拝観料400円。 境内東北に位置する。開祖は妙心寺73世水庵宗掬(すいあんそうきく)。方丈の周りを、それぞれ「清浄の庭(北側)」、「思惟の庭(東側)」、「真如の庭(南側)」が囲んでいる。 <大心院>(だいしんいん)  15世紀後半、細川政元が妙心寺10世景川宗隆(けいせんそうりゅう)を勧請して創建した塔頭で、もとは上京区大心院町にあった。李龍眠の羅漢図等がある。 大心院は宿坊なので、宿泊ができる。
通常拝観ができる塔頭は退蔵院・桂春院・大心院のみ。 境内は非常に広く、桂春院まではかなり歩きます。 迷わないように地図をチェックしておきましょう。

ストリートビュー